腰痛や骨盤のグラつきなど。産後の悩みを改善する整体とは

出産後は太りやすく元の体型にもどすのがむずかしくなるだけではなく腰痛や関節の痛み、頻尿や頭痛などさまざまな身体のトラブルで悩まされることがあります。この身体の不調は妊娠・出産による骨盤の歪みが原因かもしれません。

骨盤の歪みを改善してくれる産後整体で、身体の不調をやわらげ身体をラクにましょう。今回は骨盤の歪みの原因や整体をうける時期、整体をプロにお願いしたほうがいい理由など産後整体の疑問についてお答えいたします。

産後の骨盤はゆがんでいる、骨盤の歪みの影響

女性は妊娠中から出産まで「リラキシン」というホルモンの分泌が多くなります。このホルモンは骨盤をささえているじん帯をゆるめ、お腹の子供が産道を通りやすくするはたらきがあります。

出産時には赤ちゃんの頭が骨盤の内側を押し広げて出てくるため、ゆるくなった骨盤はさらに大きく広がり歪んでしまいます。出産後ゆるんだ骨盤はゆっくりと元の位置に戻りますが運動不足で筋肉が少なかったり、産後すぐに家事や仕事など無理をしてしまうと骨盤の戻りが遅くなり、開いたり歪んだ状態のままになってしまうことがあります。

骨盤の歪みをそのままにしておくと股関節まわりを動かす筋肉のバランスが悪くなり、腰痛や股関節痛といった体の痛みを引き起こすことがあります。

歪んでしまった骨盤周辺は血流が悪く代謝も下がってしまうため脂肪がつきやすく下半身太りになり下がってしまった内臓が元に戻らずお腹の出っ張りが元に戻らないなどボディラインのくずれが目立つようになります。

妊娠前のジーンズが入らない、骨盤がグラグラする、腰痛がひどくなった、骨盤の横の骨が出っ張ってきたなど骨盤まわりに違和感を感じる場合は、整体で骨盤の状態を見て、メンテナンスすることがおすすめです。

産後整体は子どもを産んでから1ヶ月〜6ヶ月の期間がベスト

産後の身体は骨盤まわりのじん帯がゆるんでおり骨盤を元の状態に戻しやすい状態になっていますが、産後直後から1ヶ月くらいまでは出産のダメージが体に残っているためしっかり体を休める必要があります。この時期に整体をおこなうと身体に大きな負担を与えてしまいます。

また出産後6ヶ月くらいたつと骨盤まわりのじん帯が固くなっていくため整体の成果を感じづらく、成果が出るのに時間がかかるようになってしまいます。

産後整体は出産後1ヶ月から6ヶ月くらいの骨盤まわりのじん帯がやわらかいうちにはじめると整体の効果を実感しやすくなります。

産後整体はプロにおまかせしよう

骨盤は正しい姿勢をたもつためにも大事な部分ですので正常な位置に骨盤をもどす必要がありますが、自分でベルトやストレッチなどで骨盤矯正をおこなうと痛みがよくなるどころか悪化したりむくみやしびれなど別の症状が出たりする場合があります。

産後整体のプロなら骨盤まわりや体のしくみについて正しい知識があり、たくさんの人の骨盤の歪みを改善してきているので安心して骨盤矯正をお願いすることができます。

骨盤は妊娠でゆるんだ状態になり出産で骨盤の内側を押し広げられたことにより歪んでしまいます。この骨盤の歪みをそのままにしておくと身体のラインがくずれ太りやすい身体になる以外にも腰や肩、さらには全身の関節の状態に悪い影響が出てしまいます。

骨盤の歪みを自分だけで正しくメンテナンスすることはかなりむずかしいことです。しかし、整体なら骨盤の状態をしっかり見極めメンテナンスをできるため、正しい状態をたもつことができます。

整体は効果を実感しやすい産後1ヶ月から6ヶ月以内にプロのメンテナンスを受けて妊娠前と変わらない体型を手に入れて健康的で楽しい子育てライフをおくりましょう。

神奈川県藤沢市のPST Fujisawaで行われる整体は、産後の身体でも安心して受けられる施術です。身体をバキバキと鳴らすことはせず、優しく撫でたり揺らしたりすることで筋肉の緊張をほぐし、身体の歪みを整えます。

営業時間

月曜日 15:00〜21:00

火曜日 10:00〜21:00

水曜日 定休日

木曜日 10:00〜21:00

金曜日 10:00〜19:00

土〜日曜日 11:00〜19:00

※終了1時間前に最終受付となります

記事