症例解説-坐骨神経痛

坐骨神経痛は、椎間板ヘルニアや変形性脊椎症による坐骨神経根の圧迫、股関節炎、神経炎など様々な原因により坐骨神経が刺激されて起こるとされています。

また、坐骨神経痛はあくまで症状の呼称であり、病名ではありません。

具体的な症状としては、腰やお尻、太ももの辺りに、ピリピリしたりギューッと締め付けられたりするような痛みや、押されているような違和感が現れます。

神経が圧迫される部位によっては、ふくらはぎの外側に歯がゆいような痛みやチクッとした痛みがでることも、足の指に力が入らないような症状がでることもあります。

ひどくなると、ズキズキする激しい痛みや、麻痺して感覚が鈍くなったような状態になることもあります。

一般的な治療法としては、安静にして、鎮痛薬を服用したり、坐骨神経ブロック注射をしたり、コルセットを着用したりします。

しかし、原因がはっきりしない坐骨神経痛の場合、何度痛み止めをしても一向によくならないケースもあるようです。

また、ヘルニアが原因の場合も、手術をしても痛みが取れないケースや、取れても数年後再発する例が見られます。

無痛ゆらし療法では、坐骨神経痛の根本原因は疲労による筋肉の緊張が関係していると考えています。

疲労によって腰や臀部の筋肉が緊張すると、腰から足に走っている坐骨神経が圧迫され、臀部や足に痛みやしびれが走ります。

また、腰背部の筋肉が極度に疲労すると、脊椎の間にある椎間板に過度の負荷がかかります。

長期間そのような状態が続いたり、急激な負荷がかかったりすると、椎間板がその負荷に耐えきれなくなり、ヘルニアになることもあります。

無痛ゆらし療法では具体的な解決策として、腰や臀部、股関節周辺の筋肉の緊張を取り、背骨や骨盤を整え、椎間板への負荷を軽くすることで、根本から坐骨神経群に圧力が加わらない状態へ導き、痛みを解消します。

長年の痛みでお困りの方、原因不明と言われている方、早期に回復する可能性がありますので、当院へいつでもご相談下さい。

営業時間

月曜日 15:00〜21:00

火曜日 10:00〜21:00

水曜日 定休日

木曜日 10:00〜21:00

金曜日 10:00〜19:00

土〜日曜日 11:00〜19:00

※終了1時間前に最終受付となります