症例解説-半月板損傷

藤沢、大船、辻堂、茅ヶ崎、ふくらはぎ肉離れ、オスグッド、腱鞘炎、ギックリ腰、半月板損傷、膝痛、首痛など痛みの回復に

50才女性

杖をついて来院されました。
左膝がだいぶ腫れており明らかに左右差がある状態でした。

通勤が遠いため、とにかく立っているのが辛い。
今では来院されるときも杖いらずですし、杖なく遊びに出かけられるそうです。

藤沢、大船、辻堂、茅ヶ崎、ふくらはぎ肉離れ、オスグッド、腱鞘炎、ギックリ腰、半月板損傷、膝痛、首痛など痛みの回復に

※あくまでもこの方の状況であり、回復には個人差があります。

半月板損傷

膝にひねりが加わるなどの無理な負荷がかかったときに、その負荷に耐え切れず、半月板がつぶれたり、断裂したりした症状を半月板損傷といいます。

痛みや腫れ、水が溜まるなどの症状がでます。

治療法は、手術で遊離した半月板を取ったり、縫合したりしますが、手術後元の運動機能が回復できない事例も少なくありません。

無痛ゆらし療法では、半月板損傷は、膝の周りの筋肉が異常緊張することによって、半月板への負荷が増大し、損傷するものと考えています。

そのため、施術によって膝周辺の筋肉の緊張を取り、半月板への負荷を軽くすることで、関節の接合面を整え、半月板にかかる圧力を均一にするようにします。

こうした施術をおこなうことによって、手術をしなくてもつぶれたり切れたりした半月板は回復します。

営業時間

月曜日 15:00〜21:00

火曜日 10:00〜21:00

水曜日 定休日

木曜日 10:00〜21:00

金曜日 10:00〜19:00

土〜日曜日 11:00〜19:00

※終了1時間前に最終受付となります